屋根裏天国

興味のあることを中心にコンテンツ紹介やレビューをしています。【プレイ日記】ブラッドボーン→毎週日曜18:00/FF6→木曜18:00

苦手な人には聞きたいことリストで対応しよう

「苦手な人と会うのが嫌だ問題」

ってよくあるけどこれって本質ついてないと思うんですよ。

 

苦手な人と会いたくない、ってより
「沈黙が生まれたり嫌味とか小言を言われる」
のが嫌なんじゃないんですかね。

 

こういうのって、自分の下準備さえてれば意外と回避できると思ってて。

解決方法は簡単で
「人別に聞きたいことをまとめとく」。
これだけ。

iPhoneのメモ帳で構わないです。
箇条書きとか関連ワードを単語で書いとくだけでいい。

プライベートで嫌いな人、苦手な人と会うわけないから、基本的にそういう人と会うのは仕事とか、習慣的に避けられない時が多いと思うんですよ。

 

つまりどこで誰と会うかはある程度予測できることが多い。

なのでその人別に、会話の糸口となるきっかけをストックしておけばいい。それだけ。

そりゃ好きな人とは話題は尽きないけど、そうじゃない人や興味のない人とはちょっときついのは想定できますから。

想定できる嫌な展開はできるだけ被ダメージを減らそうじゃないかということです。

 

それに色々自分に興味持たれて嫌な気分になる人ってあんまりいませんよ(ごく稀にいますけど)。好かれてるなって感じると向こうもこっちのこと好きになって来たりするもんですから。

 

そういう風に嫌いな人間をコントロールしたり攻略するのもなんだかんだ楽しいのでオススメです。

 

ではさようなら

個人的に「ヤリたい」欲が強すぎるゲームまとめ

ゲーム=最先端科学技術×最先端演出技術=最高のコンテンツ

いいですか?最初に言っておきますけど、いいゲームはいい女とセックスする以上に楽しいんです。

いいゲームはいい映画を見る以上の体験をもたらしてくれるんです。

 

ゲームはエンタメ業界の中でもトップを行っているというのが持論です。

 

昔は「ゲームって(笑)」ていう感じだったかもしれないけど、最近ではゲームはARやVR…現代の最先端技術の粋を競う試金石のようなコンテンツ・産業になりましたよね。

しかも最先端の科学技術に、エンタメ性が絡んでくるわけですから。

演出とかカメラワークとかストーリーとかね。アカデミー賞の監督賞や編集賞、撮影賞で話題になった技法はすぐ最先端のゲームの演出に取り込まれます。

最先端の映画の演出面とかも絡んできて。もうこれは、最高の価値があるコンテンツだと思うんですわぁ~…w

っていう草生やして前置きを冗長にするのは置いといて、タイトル回収します。

やりたいゲームまとめ

Horizon DLC

www.youtube.com

いわずもがな神ゲーだったHorizon Zero Dawn

大自然と人工機械の共存した美しいコントラストの効いた美しい世界、現実社会の行き着く未来を彷彿させるストーリー、謎めいた世界、画期的なバトルスタイル。

まぁ神ゲーだったわけですわ。そしてこのゲームのいいところはこれだけじゃない。

開発陣がHorizonという世界ののりしろを持て余しているというところも魅力なんです。まだこの世界の枠組みはすべて語られていないんです。

トーリー終了時点では続編確定のような演出で終わっているし、最大の謎に触れる寸前でのフェードアウト。

普通最大の謎が未回収のままにゲームが終了したら批判殺到だが、Horizonはそれ以外の謎の回収でカタルシスをすでにプレイヤーに与えているのでユーザーの満足度が高いのだと思う。

そしてその続きが、Horizon2なのか、DLCなのかはわからない。洋ゲーDLCのボリュームは作品によってはエグいので、もしかしたらDLCで完結する可能性もある(個人的には続編の正式タイトルを遊びたい)。

開発陣のDLCに対しての言及もありますし、果たして主人公アーロイの物語の続きなのか、はたまた全く違う視点でHorizonの世界を紡ぐのかはただ待つしかない状況です。

doope.jp

おそらくDLCに対しての発表はE3かな?

あと個人的に面白いと思ったHorizonのゲームレビューを2つ紹介。

下記リンク↓↓

前者は魅力を余すところに伝えた記事。後者は批判もありますが的を得ていると思っています。

pontagame.more-interest.net

jp.automaton.am

DARK SOULS 3

 まぁいわずもがな知名度抜群のソウルシリーズ最新作であり最終作。

これは本編+DLC2編を含んだものが1パッケージで販売されています。

マリオも真っ青の死に覚えゲー

まぁ敵は強い強い。

昔さ、ドラクエとかゲームとかやっててさ、「敵の銃撃食らってんのに被ダメ15ってありえなくね?」とか思いませんでした?

「敵何十人に囲まれても余裕なのは勇者といえど流石に・・・(笑)」みたいな。

ソウルシリーズはその矛盾を解消してくれます。

敵の攻撃が主人公と同じくらい強いです(笑)

敵が3人と同時に戦闘になったら高確率で死にます(慣れてりゃ別)。敵が自分と同じくらいの戦闘力っていうのは中々ハラハラしますよ。物語全編通して対人してる感じが凄い。

dengekionline.com

んでまぁ僕はブラッドボーンしかフロムのゲームはやったことなくて。ソウルシリーズに手を出してみたいんですがデモンズソウルからやる気にはなれない…。ということで最新作の完全版から手を出してみようかなって言う感じです。

ARMS

www.nintendo.co.jp

任天堂肝いりの新作ゲームですね。

「新しい格ゲ―」として銘打っており、伸びる腕で殴り合う対戦ゲーですね。

上記リンクの公式サイトを見てもらえばわかりますがかなりスプラトゥーン的なポップな印象を受けました。

さすがは任天堂といったところでしょうか、ターゲット層として子供世代も視野に入れているんでしょうね。

紹介映像を見ても非常に面白そう。ほんとに新しい概念の格ゲーになりそうですね。

iPhoneスマホ世代も直感操作で一世を風靡しましたが、ゲームもどんどん直感操作になりますね。

www.youtube.com

スプラトゥーン2

きました大本命。

www.youtube.com

マリオカートに参戦するほど大ヒット、一躍任天堂の看板キャラクターにもなりつつあるスプラトゥーン

こちらも従来のFPSの概念を「塗り絵」として再解釈したところにヒットの鍵がありました。

www.nintendo.co.jp

任天堂はホントに「遊びとは何か」を常に考えてるんでしょうね。じゃないと、既存の定義を新しいシステムで再解釈することは難しいと思います。

現に従来のFPSにも戦線をお仕上げたり下げたりすることは重要な要素で、それを塗り絵で表現すると、押し引きがひと目で分かりやすいし、何よりカラフルで可愛い。

戦争と銃と血、みたいな生臭い世界観から一新することができるようになりました。

このタイトルも自分は未体験で、友達の家で少しやったことがある程度。

ダクソ3と同じで最新作から触れてみようかなと言う感じです。

FF15 強くてニューゲーム

 まぁこれはお情けです(笑)

以前別記事で結果的に散々批判してしまいましたが、笑

callmeg2ab.hatenablog.com

私は相変わらずスクエニが好きです。FFが好きです(笑)

なので長期アップデートやDLCが終わった段階でのFF15を再プレイしたい欲はちゃんとあります(笑)

実際FF15に関しては最近いいニュース(?)が多いです。

ユーザーにアンケートをとって、一番需要が多い内容を実装するという「ユーザーに媚び媚びアンケート」もとっていました。

www.jp.square-enix.com

6/7の16:00までなのでご回答される方はしてみてはいかがでしょう。

個人的には「アンケート内容全部入れといてくれよ…」ってものばかりでしたけどね…(笑)

にも関わらず社内の社長賞受賞だなんだって言っててなんだかなぁ…という感じです笑

 まぁ悪口はいわないいわない(笑)

ほんとに応援しています!

終わりに

以上そのくらいですかね。上げれば他にもたくさんのやりたいゲームはあるんですが、紹介するに足りる、知名度も高いゲームは以上のタイトルくらいでした。

 

ドラマcrisisの小栗旬の髪型がかっこよすぎる話

まぁ小栗旬の髪型じゃなくて小栗旬がかっこいいだけだろ?っていう結論は出てるんですけどね。

身長170cm程度の一般人があの髪型にしたところでただただ一般人だし、あんなに鍛えてるからスーツが似合うわけだしお前ごときが真似したって無駄だよっていう結論は出てるんですけどね。 

まぁ許してくだされ。 

今火曜ドラマでcrisisっていう公安のドラマやってるんですよ。主演は西島秀俊小栗旬のW主演になるのかな?(大して見てない)

 まぁこれがアクションは凄いし、西島秀俊はもちろん小栗旬さんがまぁかっこいいんですよ。

 んで肝心要の髪型がこれ。

f:id:callmeg2ab:20170513220526j:image

f:id:callmeg2ab:20170513220533p:image

f:id:callmeg2ab:20170513220536j:image

 f:id:callmeg2ab:20170513220548j:image

f:id:callmeg2ab:20170513220554j:image

 

まぁまぁ。そりゃ俳優だからね。っていうツッコミが聞こえてきそうなので早めに退散いたします。

これなんなんだろ。意外と前髪は長い気がするんだよな。

サイドが短くて襟足も短くて…って感じかね。

 

夏でさっぱりしたいので髪を切ろうと思ってる矢先にイケメンが現れたのでこの髪型にしようかなって感じです。

 

初めて何かの画像を見せて頼む予定なので少し恥ずかしい。笑

FF一押し名場面or音楽コレクション#10(FF7CC~Why、自由の代償~)

note.mu

FF一押し名場面or音楽コレクション#9(FFCC~カゼノネ~)

note.mu

【BloodBorne】プレイ日記③【ヤーナム市街探索&ガスコイン戦勝利まで】

www.youtube.com

今回はガスコイン戦までやりましたぞい。

 

ガスコイン戦といえばブラボプレイヤーの壁として有名なあいつだ

ブラッドボーンのプレイヤーでガスコイン戦をクリアしたのはなんと59.8%!

 

多いようでめっちゃ少ない。だって二番目のボスだよ?

二番目のボスで59.8ってどういうことって話ですよ。

さすがフロムゲーと言うべきか。

 

PSNでゲームのトロフィー別取得率を見ることができるんですよね。

これが結構面白くて。

自分がやりこんだゲームのトロフィーとか見て「みんなどんなもんなのかな~」ってみるのは意外と楽しいっすよ。

明らかに「これやりこみまくらな取れんやんけ!」っていうトロフィー除けば、ユーザーがどこで飽きたかとか、色々察しがつく貴重なデータだと思ってます。

f:id:callmeg2ab:20170402111309j:plain

 

まず最初はヤーナム市街の探索。

前々回の聖職者の獣戦まではわりと突っ走ってしまったので、そこまでの詳細な探索をしました。

目ぼしい発見は狩人シリーズくらいでしょうか。

f:id:callmeg2ab:20170402111917j:plain

ブラッドボーンのパッケージにものってる本作の代表的な装備といったところでしょうか。

最後まで使える強さですね。

というか基本フロムゲーって、この武器じゃないときつい!みたいなことがないからいいですよね。

自分の好きな武器とか、気に入った武器で戦っていける。

f:id:callmeg2ab:20170402112031j:plain

見た目もかっこいいです。

 

f:id:callmeg2ab:20170402112046j:plain

そして今まできにしてませんでしたが、意外と話しかけるとNPCがヒントとかくれたりするんですね。

彼いわく「ヤーナムの人間は情報を渡したがらない。」といっています。

でも彼は情報をくれる。つまり彼は主人公のようによその世界から来た人間なんでしょうか?

そして遂に訪れたガスコイン戦。

f:id:callmeg2ab:20170402112151j:plain

息が臭そう。

 

基本的に銃や獣狩の武器とかを使ってくるので対人戦といったような要素が強いです。

ただ墓地で闘うのですが、墓石を挟んで上手く相手の銃攻撃などを無効化していくと中盤までは戦闘を圧倒的に優位にすすめることができます。

ただ途中から一定ダメージを与えると、彼は獣へと姿を変え、攻撃などが強力になります。

そして墓石等も破壊してくるので今までのような戦法は使えないのでそこからは普通に戦闘。

個人的な感想では、かなりバックステップ行動をとがめるような縦にリーチの長い攻撃を多用してきているなと思いました。

なので途中から横ステップ回避重視に変更。

それでも一度は殺されました(笑)

f:id:callmeg2ab:20170402112543j:plain

二回目の再トライは、中盤までは同じ戦法で、相手が獣化したら横ステップ重視で相手の攻撃をかわし回り込んで攻撃。

そして攻め時が終われば距離を取って、縦に長い攻撃を誘発して銃パリィという戦法で臨みました。

 

f:id:callmeg2ab:20170402112657j:plain

 

無事その戦法が功を奏し、無事勝利。

f:id:callmeg2ab:20170402112708j:plain

最後の一撃が銃パリィによる内蔵攻撃だと脳汁でますな。

f:id:callmeg2ab:20170402112713j:plain

 

f:id:callmeg2ab:20170402112806j:plain

そして狩人の夢に帰り、武器の初強化をしました。

一つの武器で行こうかと思っているので、斧を重点強化。

今週はここまで。

 

FF一押し名場面or音楽コレクション#8(FF零式~我ら来たれり~)

note.mu